スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.04.14 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    夜来香@甲子園

    0
      世のおかあちゃんていうのは、人の顔をみると
      どうしてこうも
      「ちゃんと食べてる?」
      ばっかり言うのかなーと思っていました。
      (どう見たって栄養たっぷり行き渡ってる顔なのに)

      しかし夫を単身赴任させてみてわかりました。

      何かしてあげたくても
      仕事の相談に乗れるわけでもない、
      布団を敷いてあげられない、
      お風呂を沸かしてあげられない、
      服についたゴミをとってあげられない、
      いってらっしゃいと見送ってあげられない。

      大丈夫かしら、ちゃんとやっているかしら、
      いろいろ聞いてみたいけど
      全部いちいち聞いていたらうるさいだろうし。

      そこで「ちゃんと食べてる?」なのです。
      とりあえず、食事をきちんと食べてさえいれば
      安心できる。
      無事に生活できていることを確認するのに
      これほど確かな手段もないでしょうから。

      「ちゃんと食べてる?」という短い問いかけは
      「ほかにできることは何もないけど、
      あなたのことをいつも考えているよ」
      という愛の言葉なのです。


      まったく料理ができない上にインスタントやコンビニ弁当を
      受け付けない夫のために
      食事を冷凍したり、簡単なレシピを書いたものを
      おいてきたりしましたが、
      パスタをゆでるだけのことすら「ハードルが高い」と言い切る
      夫、たぶん次に訪れるときも台所は私が片付けた
      そのままの形になっているでしょう。

      では外食で野菜がたっぷり食べられるところを、と探しあてた
      のがこちら。
      家から車で10分強、しかし深夜3時までやっているところが
      心強い。

      ちゃんぽんと皿うどんが名物の、夜来香。
      地元のおっちゃんらが集う、中華料理店。
      運ばれてきた皿を見て「テーブルが違います」と言いそうに
      なりました。
      てっきり2〜3人前だと思ったので。
      ところがこのパーティ皿に乗った量が一人前。
      写真ではわかりにくいのですが、後ろのお冷(通常サイズ)と
      比べて皿の大きさを想像してみてください。

      ちゃんぽんもやはり大きいのですが、まあ、ちゃんぽんは
      だいたいのお店で洗面器サイズですから。
      この二つの皿だけで、家族3人腹いっぱい。
      ほかに餃子やから揚げなど美味しそうなメニューもたくさん
      あったのに頼めず仕舞い。

      しかしほとんどのテーブルで「持ち帰り」の手が挙がっていたので
      そういうお店らしいです。
      だったら量減らそうか、と思わないところがおおらかでよいですね。


      20100204214909.jpg

      今回の関西滞在で行ったところをまとめて。

      0



        ラ テラス ダニエル
        神戸大丸の別館にあるカフェレストラン。

        御影の有名洋菓子店、ダニエルのお店。
        いつか芦屋のお店にでも行こうと思っていたら
        ふと寄った大丸に入っていたのでしめしめと入店。
        娘にケーキを選ばせたら、ピンクという理由だけで
        バラの実のムースを。
        あっさりふわふわやわやわとろとろ。
        ケーキセット1000円なり。

        ボーネルンドあそびのせかい 神戸BAL店
        その日はあまり娘を遊ばせられなかったので帰り道に見つけたボーネルンドにちょこっと寄る。

        親子合わせて30分900円という価格設定って
        やっぱりどうなのよ?と思う。
        しかし阪神競馬場や神戸阪急の遊戯施設よりも
        よほどにぎわっていた。
        ボーネルンド人気ってそういうものか。


        グリル十字屋
        兵庫出身ママ友お勧めのタンシチューを食べる。

        市役所の裏。
        良くも悪くも老舗の貫録をたたえている。


        コム・シノワ
        「友人Cちゃんの友人」のおすすめパン。

        今回一番感動した食べ物。
        お店に入るとパンの種類に圧倒される。
        なんだかパンがキラキラしていた。
        (単に糖衣がけのパンが多いからとも・・・)
        バゲットだけでも5〜6種類、甘いのもハードも
        ソフトも惣菜系も、全くスキがない。
        あまりの美味しさに買い物した翌日
        夫と再訪し、連続で山のように買っていった。
        それでも東京の標準的なパンの2/3くらいの値段。
        地下鉄出口直結だが「え?ここぉ?」というような
        オフィスビルの地下にあるので初めてだと見つけづらい。



        神戸三田プレミアム・アウトレット
        スマステーションでやっていたアウトレット特集に

        触発され、山を越えて三田のアウトレットへ。
        出店ラインナップとか建物の雰囲気が
        ハワイのワイケレのアウトレットに似ていると思ったら
        同じ会社だった。

        我が家の行きつけ、三井のアウトレットにはない
        ラルフローレンやアクタス、ディーゼル、ルクルゼなど
        私の興味を引くお店が多くて楽しかった。
        プレミアムアウトレットは
        関東圏では佐野、あみ、御殿場にあるが
        いずれも東京からは微妙。
        ついでがあれば行くけどたぶんそのついでは一生ない。



        スマステーションでも紹介されていた
        三田屋のステーキ。
        別にアウトレットのフードコートで無理に
        食べなくてもよかったかも、という感想。


        不思議な線路@kansai

        0

          こちらに来てもうひとつ不思議だなぁと思うことは
          電車の路線に関して。
          阪急、JR、阪神の3つの電車が、並行して同じ方向に
          走っているのです。
          それぞれの線路間は1キロない位。

          そしてその線路同士を結ぶための、
          縦に移動する手段がほとんどない。
          なので沿線ごとのカラーが非常に濃く、
          たとえば一口に「芦屋」と言っても
          阪急芦屋川とJR芦屋と阪神芦屋では
          街のカラーは全く異なるそうです。

          山と海に挟まれているから仕方ないかもしれませんが
          効率が悪いように思えてなりません。
          余計なお世話ですがせめてバスくらいは
          縦に走らせてよと思うのになんとバス路線も並行。

          一度、3路線をまたぐ形で歩いて縦移動したとき、
          帰り道で激しく後悔しました。
          もう二度と縦には動かん、と。



          三宮の神戸市役所24階にある無料展望室より。
          さすがに三宮にはすべての路線が一点に集まりますが
          地下鉄に乗るためにはひと駅くらい歩きます。
          そして地下鉄もやはり並行に走っている・・・。

          こちらは海側の景色。
          昼間は正直「・・・ふーん」て景色ですが
          展望室は休日も夜9時まで開いているので
          お手軽に夜景が楽しめてよいかも。


          お好み焼き定食という存在@kansai

          0

            今日のお昼は娘とふたりでばんばんのお好み焼き定食。

            だいぶ慣れたようでも、やはり胸の片隅で
            かすかな違和感を覚える関西の文化のひとつ。

            ご飯に味噌汁、漬物、小鉢、そしてお好み焼き。

            これほど炭水化物好きな私でも思うのです。

            なぜご飯を食べる必要がある?と。

            いや、食べますけどね。

            ランチメニューにはほかに、
            焼きそば定食やオムそば定食があります。
            もちろんご飯つきです。


            阪神競馬場@仁川

            0

              遊びに行ってきました。

              いやいやいや、私がじゃないですよ。

              阪神競馬場のスペースキッズという子供向け広場が
              面白いというので、出かけました。

              10年以上前に桜花賞を見に行って以来だなぁ。
              仁川の駅から徒歩3分、ですがスペースキッズは
              一番奥にあるので、歩くと相当遠いかも。
              うちから車で20分くらいでした。

              平日は競馬場内駐車場が無料。
              入口で「遊園地に遊びに来た」というと人数を聞かれて
              それで「はいどうぞ」と通してくれます。
              停まってる車は10台に満たないほど。



              閑散。当然です。

              しかーし、



              充実の遊具。
              噴水つきの庭園も手入れが行き届いています。
              こんなにきれいで広くて楽しい場所がほとんど貸切状態。
              入口でチェックするから不審者は入ってこないし。
              JRAいい仕事するなぁ。



              競馬開催日にはポニーに乗れたり園内を走るミニ列車に
              乗れるそうです。
              この線路、えらいこと長いです。直線コースだけでもこの長さ。
              乗ったらゆうに10分はかかりそう。
              マーメイド息子Y君、一度来てみたらどう?



              子供たちに一番人気(といっても今日は3人しかいない)なのは
              このふわふわドームだそうです。

              バランスボールのような素材のドームが砂場に埋まっており、
              その上を跳ねたりすべったりします。
              大人もやりたいです。超超超やりたい。





              うらやましいだろー。

              入場料取ってもいいと思えるくらい充実した施設です。
              桜の季節にはお花見しながら、とか・・・いいなぁ。

              東京を離れてみると、東京以外の場所の住みやすさに
              驚きを禁じ得ない日々・・・
              特に東京でしたいこともない私が東京に住み続けるのって
              いかがなものなのよ?と思わざるを得ないです。


              生田神社&こべっこランド@神戸

              0
                今日は節分。
                ここ10年ほどは関東でもコンビニが力を入れている
                おかげか、「恵方巻き」も単語としてはだいぶ
                浸透した気がするけれど、
                実際に「恵方巻き食べたよ!」という話を聞いたことが
                ないというのが、関東での節分の空気感を表していると思う。

                しかし、ここ関西ではバリバリであった。
                何日も前から、バリバリ本気モードの節分であった。
                東急線でいうところの「salus」のような阪急線の情報誌
                TOKK」でも、特集は各神社での節分行事一覧!
                どんだけ重要行事かっつの。
                しかしそれを見てまんまと行く気になってしまった。



                本気感を味わおうと、この辺ではもっとも華やかそうな生田神社へ。
                しかし豆まきの1時間前についてしまったことと、
                その前座があまりにも私のテイストと合わないステージだったので
                (宝塚じゃないのに宝塚の衣装を着た人とか、明らかに
                きみまろのパクリの人とか・・・)
                豆だけ買って帰ってしまった。

                三ノ宮(今回発見したこと:JRだけがノの入る「三ノ宮」だ)から
                JRで神戸駅に行き、ハーバーランドにある神戸市の児童館へ。
                こべっこランドというこの施設、ビルの上から下まで児童館。
                プレイランドあり、工作室あり、音楽室ありと盛りだくさん。



                室内にゴンドラですぜ。



                音楽室では楽器触り放題。
                ドラムセットにくぎ付けの娘。
                すかさず先生がドラえもんの曲をピアノで弾いてくれて
                ママもシロフォンを弾いて、即興のセッションを。
                ここが一番楽しそうだった。

                工作室では鬼のお面づくりもできた。

                ちなみに場所は、神戸阪急の目の前で
                ハーバーランド地区のど真ん中。
                こういう便利な場所に子供の施設があると、
                街に子供を連れ出す心理的障壁が低くなって
                大変よか。

                フロイン堂@kansai

                0

                  うへへへへ・・・



                  これ、なーんだ?

                  あのあのあのあのあの、

                  レンガ窯、薪、手ごね。

                  フロイン堂の山食。

                  はぁぁぁぁ・・・。


                  王子公園からの帰り、岡本駅で途中下車。
                  予約もしていないのでどんなところか見るだけのつもりで、
                  まさか買えるとも思っていませんでしたが。

                  店にたどり着いたのは、偶然にもほどがある、
                  山食焼きあがり時間ぴったりの2時!
                  店先には「食パンあります」の札!

                  我にパンの神降臨!

                  店内は予約の食パンがずらり。
                  店の奥の窯、見たかったな〜。



                  ぶどうパンとアンドーナツも買いました。

                  炭水化物好きにとってこの土地ったらどんだけ天国なの?



                  フロイン堂


                  パンダ@王子動物園

                  0

                    しばらく雨で娘を外に連れ出していなかったので
                    電車で10分の王子動物園へ。

                    上野にいなくなってしまったパンダが
                    こちらには2頭もいます。



                    壁も何もない、素通しの単なる庭。
                    近い近い!

                    上野では柵越しガラス越しで、その上行くたびに
                    寝ていたので、
                    歩いてるパンダを見るのは初めてです。



                    こちらのパンダは寝ていましたが、
                    寝ながらおしりから黄土色のものをむりむりむりむり〜。

                    寝グソするパンダを見るのも初めてです。


                    ケーキハウスツマガリ@KANSAI

                    0

                      笑福亭鶴瓶師匠もお住まいという
                      高級住宅街甲陽園にある夫おすすめのケーキ屋さん。

                      そもそもは私が「こういうケーキ屋さんあるよ」と
                      夫に教えたところですが。
                      「夫おすすめ」ということは、つまり
                      「昔ながらのシンプルで素朴な」ケーキだということ。

                      いちごのロールケーキはふわっふわの甘めのスポンジ。
                      口に入れるとふわっと縮んで、そのまま噛むと
                      最後に砂糖でキシッとする。
                      クリームは脂肪多めのこってりで、それがふわふわスポンジ
                      ととてもよく合う。
                      見た目の軽やかさに反して、存在感のあるロールケーキ。



                      あんまりふわふわなので上手に切れませんでした。




                      シュークリームは二種類。
                      クッキー生地が乗ったカリカリのやつと、ふつうの。
                      ふつうのやつは皮がふわふわだと思って食べたら
                      これまたカリカリでした。
                      そしてクリームは言うまでもなくこってり。バニラビーンズたっぷり。
                      甘さも十分なので、1個で相当な満足感があります。

                      こちらはなんと朝8時半から営業。
                      夫が午前中早い時間訪れたら、年配のお客さんたちで
                      店内あふれかえるほどだったとか。
                      こちらのご老人たちは朝からこんなヘビーなケーキ
                      もりもり食べてらっしゃるからお元気なのね。

                      それにしてもこの近辺のケーキ屋さん、数が多くて
                      どのお店も活気があります。
                      洋菓子文化が各ご家庭に根付いているのでしょう。
                      よそゆきの顔とはまた違った、
                      神戸スイーツの素顔を垣間見た気がします。

                      ケーキハウスツマガリ


                      姫路城@KANSAI

                      0

                        行ってきましたー。
                        生まれて初めてのー。



                        うっついわー。
                        ほんまうっついわー。

                        小学生のとき、好きだった男の子(成績トップでクラス委員)が
                        城好きで、夏休みの自由研究のためだけに姫路城に
                        連れて行ってもらったと話していたことが印象に残っています。

                        つかそれ他人のエピソードだし。

                        という(他人の)思い出の地。

                        600円の入城料(ホントにこう書いてある)を払って
                        天守閣まで登れるのですが、
                        いやこれ一度は登っといたほうがいいよ!
                        感激しました。



                        ここが一番てっぺん。
                        しゃちほこと目が合う。

                        足腰丈夫なうちじゃないと来れません。
                        心配な方は早めのご訪問を。
                        上りはなんとかなっても、下りがヤバイ。

                        兵庫出身ママ友から、明石のあなご寿司など
                        おいしいお店を教えてもらっていたので
                        帰りに寄ろうと思っていたのですが
                        姫路城に思いのほか手こずり、全員グッタリ。
                        街道そばの丸亀製麺のうどんを食べて帰りました。

                        一日仕事と思って来ないといかんな。
                        さすが世界遺産はひと味違う。


                        「ここからてきをこうげきするわのよ」


                        | 1/3PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        categories

                        archives

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM