スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.04.14 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Boulangerie Moulin@大網

    0
      引越し前は毎週のように通って、ポイントカードも
      あっという間にいっぱいになっていた行きつけのパン屋。
      久しぶりに訪れてみたら、あれもこれも買いすぎて
      お会計の最高記録を更新してしまった。3500円也。



      まず、種類が多くて気分が上がる。
      建物やインテリアがカワイイ。
      クロワッサンがスペシャリテだが、ハード系もお惣菜系も
      スイーツ系も、まんべんなく美味しい。
      それぞれ中の具によってパンの種類を変えていて、
      さらにその具のセンスがいい。
      大きくて安い。
      庭のテラスが気持ちいい。



      などなど、はっきり言って欠点が見つからないくらい
      お気に入りだった。
      都会でこの店と品質・価格・設備・広さが同等の
      パン屋を見つけることはできないだろう。
      不便なところにあるが、それがゆえに存在しているともいえる。

      夫と「房総の暴れん坊」と呼んでいたパンがあって、
      久しぶりに見るとやはり買ってしまった。


      クロワッサンの上にクッキー生地を流して焼いたクロワッサン・ダマンド。
      これだけでもかなり凶悪な面構えだが、「暴れん坊」と称するには理由がある。



      間に自家製カスタードクリームが挟んである!!
      こんな乱暴者信じられない!!

      持ち上げるとずっしり重くて、もうこれだけで何カロリーあるんだろうと
      気が遠くなる。
      「絶対に一人で1個完食してはいけない」と言い聞かせながら、
      気づくとなくなっているので油断できない。

      ブーランジェリー・ムーラン

      秘境ラーメン@千葉

      0
        食べていないので、題名にするのは控えましたが
        アリランラーメンというラーメンを出すという
        「八平」に行って来ました。

        生まれも育ちも千葉県である私ですら、
        「あ、これはヤバイ」
        と思うほどの山奥です。
        千葉県はほぼフチに沿ってJRが通っているので
        内陸は陸の孤島になっていることが多いのですが
        ここの住所は「秘境・オブ・ザ・秘境」。

        そんなところに人気のラーメン店があると
        夫が嗅ぎつけてきたので、付き合わされました。
        まあそれほどの秘境でもウチから車で3,40分の距離なので
        我が家の田舎度合いも知れようというものです。

        行ってみたら、去年親戚の葬式をやった斎場の近くで
        秘境どころか、日常の範囲内でした。



        なので、この行列を見て、
        「あ、帰ろ」
        とあっさり引き下がったのも、当然なわけですが、
        並んでいた人たちは品川ナンバーの車が引き上げるのを見て
        「せっかく遠くから来たのに気の毒に」
        と思ったことでしょう。

        しかしこの不便な場所によく集まったものです。
        30人くらいいたでしょうか。
        面白いほど大人だらけ、しかもある程度以上の年齢の。
        若い人の娯楽に「ドライブ」が含まれないことがよく分かります。

        「またリベンジするから付き合ってね」
        という夫の申し出は、丁重にお断りさせていただきました。


        参考記事
        日本でいちばん行きにくい場所にある超人気ラーメン屋『アリランラーメン八平』に行ってみた

        木更津三井アウトレット

        0
          毎日文字通り寝る間もないほど
          役員の仕事をしている。
          家事は完全に滞り、
          掃除機いつかけたっけ?
          トイレいつ磨いたっけ?
          この卵いつ買ったっけ?
          な世界である。

          先日あまりの疲労に、エステに駆け込んで全身オイルマッサージ100分をやってもらった。
          お試し価格で定価の4分の1くらいの値段で済んだが、たとえ定価でも終わったらもう一回エステ行ってやる。
          そんな目標を支えに今がんばる私。

          気分転換にと、夫が木更津三井アウトレットに誘ってくれた。
          混雑を避けて遅く出て、18時半頃到着した。
          日頃幕張三井アウトレットのブランドに物足りなさを感じていたが、木更津はほぼチェルシーアウトレットと同じブランドを網羅しており、その点は楽しめた。

          しかし、怒りを込めて物申す。
          このキッズパーク、なんだこりゃ。

          小さな小山がひとつ。あとは木馬的な遊具が二つばかり。
          この小山、裸足にならないと滑って遊べないのに、近くに水道のひとつもない!
          仕方なく汚れた足に靴を履かせて、トイレ(また離れたとこにあるんだ)まで連れて行き、苦労して足を洗った。
          私の知っているどんな小さな公園も、水道くらいはあるけどね。

          そもそもこの土地に恵まれた場所でこの小さすぎるキッズパークはなにゆえ?
          隣のドッグパークと同じ面積なのもなにゆえ?

          ガイアの夜明けで三井の関係者が、アウトレットを新しいレジャーのひとつとしたい、とか、家族連れを取り込んでナンボみたいな発言をしていたので期待してたのにな〜〜〜〜〜〜。
          これじゃあ、子供は20分ももたないよ。

          ちなみにチェルシーはキッズパーク充実してたね!
          改善しないと、今度成田にできるチェルシーの方に行っちゃうからね!

          知らんかった

          0
            1ヶ月位前から、隣の家に毎日うぐいすが来る。
            朝と言わず昼と言わず、日没まで、
            節操無く鳴き続ける。

            春先から練習を積んできたためか、「ホーホケキョ」
            という単調な鳴き方ではなく、
            「ホー、ホトケッキョ。トゥーーールルルルルルル。。。
            ケッキョケッキョケッキョケッ。。キョ。。。ケッ。。。。キョ。。。。」
            と、いかにもオレの歌を聞けと言わんばかりに
            気持ちよくさえずるのだ。

            イメージでは、「うぐいすは山の中で春先の午前中に鳴くもの」
            と思っていたので、
            人家の居並ぶ初夏の夕暮れにうぐいすの声を聞くのも
            不思議な感じがする。
            暗くなっても鳴くんだなあ。

            もうひとつイメージと違うもの。
            ホタルは真夏ではなく、5月の終わりが見頃なんだと。

            いつも「まだだよねー」と思っているとシーズンを逃してしまう。
            去年は滑り込みでほんの少しだけ観られたが、
            今年もやってしまった。
            家の近くの、ホタルを飼育している集落の田んぼに観に行くと
            「もう今日明日で終わりだよ」とホタルを守る会の方に言われた。


            とはいえ、去年よりもはるかにたくさんのホタルが飛んでいて、
            自分たちとしては満足。
            でも帰るときに、守る会の方から
            「ピークのときは2000(匹)いったかな」
            と聞き、来年のリベンジに燃えるのだった。

            googleカレンダーに入れとかなきゃ!

            ガラガラでウキウキ(GW)

            0
              前半は従兄姉の家に3泊し、
              中間は幼稚園の友達と遊び、
              後半は従姉に泊まりに来てもらい、
              なんだかもうすでに親がいなくても
              成立しそうな娘のGWである。

              公園に連れて行くという手間は
              かかるものの、自分たちで
              遊んでいてくれるので
              ずいぶん楽になったものである。

              昨日連れて行った普段よく行く
              近所の公園はこんな感じ。


              ローラー滑り台推定40分待ち!
              普段の様子を知っていれば
              到底並ぶ気にはならない行列。

              そこで今日は、同じ位の距離にある
              別の公園へ。


              貸切。

              子供たちの反応で興味深かったのは、
              テントの有る無しについて。

              テントを持っていかない日は
              「テントないの?」聞き、
              あまり本部(親と荷物がある場所)に
              寄り付かなかった。

              翌日テントを持って行くと、
              遊びの区切りごとに寄っては
              飲み食いしたりごろりとしたり。
              明らかにテントを「プライベート空間」と認識している。
              屋根があって、ちょっとでも区切られていると安心するんだなぁと思った。

              震災の後、坂茂さんという紙の建築で有名な建築家の事務所に寄付をした。
              避難所を紙管と布で個室に区切るプロジェクトに賛同したためだ。
              私が被災者だったら、こういうことをしてくれたら嬉しいだろうな、と思ったので。
              テントで寛ぐ子供たちを見ていると
              それが実感として分かる。

              緑の中で子供たちの歓声を聞きながら
              のんびり寝っころがる幸せ。
              この幸せが偶然ではありませんように。

              お花見

              0
                春休みからこっち、外遊びしまくりだ。
                なにしろ外遊びの場所には事欠かない土地だから。

                昨日はじじばばを誘って、車で15分ほどの自然公園へ。
                地元にも大きなお花見広場のある公園はあるが、ここは日本桜の名所100選のひとつなので、さすがに貫禄のある景色。
                桜にボリュームがあるのだ。



                桜の名所は数多くあれど、花見をしながら祖母と孫がフリスビーで遊べる、この空間が心地よい。

                私の花見には、人混みも酒臭さもドンチャン騒ぎもテキ屋もいらない。


                春爛漫

                0
                  と言い切るには、まだ肌寒い日曜日。

                  裏道を探して迷い込んだ里山で
                  なんともフォトジェニックな
                  柴犬を見つけた。

                  菜の花、水仙、梅の花。
                  畠の中を自由に走り回る犬は
                  幸せそうな穏やかな顔をしている。
                  足は笑っちゃうくらい泥んこだけど、
                  なんかいいもん見た。

                  自然薯祭り@長柄

                  0


                    日頃何かとお世話になる
                    長柄の道の駅。
                    この日は自然薯祭りを開催とのことで
                    向かってみるも、14:30ですでに終了。

                    商品はまだ並んでいたので
                    いいものがあるか、物色してみた。
                    畑で栽培された、いわゆる養殖モノは
                    一本1000円。

                    物色中、生産者のおじさんが
                    「こっちの方がうまいよ」
                    と指さしたのは、山に生えていた天然物、正真正銘の山芋。
                    探すのが難しいため、よくバラエティ番組でネタになるアレだ。
                    こちらは一本1900円。

                    うーん1900円かぁ、と悩んでいたら
                    夫がひとまわり小さい天然物を見つけてきた。一本1000円。
                    よし、買った!

                    家ですりおろしてみると、
                    とんでもない弾力で、まるでゴムでできているよう。
                    出汁と混ざらなくて、のばすのが大変だった。

                    美味しい美味しいと貪り食べても
                    まだ半分は残った。
                    残りは翌日、お好み焼きに使う予定。
                    贅沢〜。





                    ぐうたらパン屋

                    0

                      海沿いにポツリと建つパン屋。
                      しかし、そこには人々が列をなす。

                      海沿いと言っても、湘南や神戸を思い浮かべてはならない。
                      千葉の房総、後背地の何もない、いわばド辺境の地である。

                      ご本人たちも何らかのポリシーをお持ちのようで、看板がなかったり、ロボット検索を排除したり、営業日をコロコロ変えたり、やっとたどり着いたサイトにも一切写真を出さなかったり、一見さんを寄せ付けないための涙ぐましい努力をしているように見える。

                      開店と同時にあっという間に売り切れることも多いと聞く。
                      臨時休業もあったりして、いつ開いているのか、開いていても商品はあるのか、予約の電話なしで訪れるのはちょっとした冒険だ。
                      そんな店に夫がつけたあだ名が
                      「ぐうたらパン屋」。

                      しかし人々は集まる。
                      それだけのワンアンドオンリーな強烈な魅力を持つパンなのである。

                      陶芸家の作品のような独特の風貌を持つパンは、食べてもまた独特。
                      口の中で粉と水の原始的な反応を起こす。
                      これは、他のどんなパンを食べても経験したことがない。

                      ある日、ついでがあったのでフラリと寄ってみた。
                      平日の開店1時間後のことだ。
                      陳列棚はからっぽ、予約制のランチプレートを食べるお客でテーブルは満席だった。

                      ゆめゆめ「フラリと」なぞ気楽に訪れる場所ではない。
                      おととい来やがれ、である。

                      写真は唯一残っていたスコーン。
                      食べると脳みそを引っ掻き回される。

                      ブラシの木

                      0
                        ブラシの木という木が
                        庭に生えています。
                        年に2、3回赤い花をつけます。
                        見た目は水筒洗い用のブラシのようです。

                        今まさに見頃なのですが、
                        この花、蜜が相当美味しいらしく
                        朝から日没までずーっと
                        スズメバチが採蜜にきます(T_T)

                        自転車や車を出すときには
                        生意気に威嚇してきます。
                        顔の辺りをぶいーんと飛び回ります。
                        あたしんちなのに・・・

                        寒くなったらいなくなるからと
                        我慢しようかと思っていましたが
                        今日、小学生が刺されたというニュースを見て、迷わず伐採強行!

                        あーっはっはっは、
                        やったったで!
                        明日の朝、ガックリ肩を落とす(?)スズメバチたちの顔が見ものだな!

                        | 1/8PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        categories

                        archives

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM