スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.04.14 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    タイトルなし

    0
      娘の習い事がいつの間にか週4になってしまって
      どうすべなーと思う今日この頃。
      幼稚園時代のように
      「やっている間そばについて待っている」時間がないだけ親は楽だが。
      今のところ本人は一生懸命通っているが、いつ「あたし通い過ぎじゃない?」
      と気づくだろう。


      娘の小学校の運動会のお知らせが来た。
      親は立ち見(ゴザ禁止)、お昼は子供たちだけで教室で弁当、という合理的、ややドライな内容。
      親にとっては楽でいいところもあれば寂しいところもあり、複雑。
      母が作ってくれたおいなりさんやデザートの梨の香りまで覚えている私の運動会。
      あの非日常感、なかなか良いものだと思うのだけれど。


      珍しく友達作りに苦労している様子の娘の新生活。
      本人も不名誉と感じるのか、日々あせり、いらだち、寂しさなど見て取れる。
      狭いクラスにも気が合う子は必ず見つかる。待て、娘。

      朝の時間

      0
        娘が小学校に入学してから変わったことといえば、
        朝が早くなったこと。

        これまでのところ、7時35分にはパパと一緒に
        「いってきまーす」と出かけてくれるので、
        朝の時間が長く感じてしょうがない。

        幼稚園は9時半までに行けばよかったので
        ゆっくり送って家に帰ると10時頃。
        それから洗濯して掃除して、ってやるだけで午前中
        が終わってしまったものだ。

        朝が長くなったのに加えて夜が早くなったのもありがたい。
        今までは「寝なさい!」と言わない限りいつまでも起きていて
        早寝を嫌がった娘が、
        近頃は8時半をすぎると「眠いから寝ようよ」と自分から言う。
        そして寝る前の本を読み終わると3分で落ちる。

        それから後は大人がゆっくりする時間。。。のはずが、
        子供と一緒に寝てしまうので、
        結局自由時間がないことには変わりない。

        そんな小学一年生の母。

        お名前付け地獄

        0
          小学校入学前の子供を持つお母さんたちに恐れられている
          「お名前付け地獄」


          ほかにも「袋物地獄」「せっかく買った体操服や上履きのサイズが違う地獄」
          など。

          昔、大島弓子さんが著書の中で「地獄を天国と言い換える言葉遊び」
          について描いておられた。
          やってみよう。

          「お名前付け天国」
          ・自分の子供の名前をこんなに大量に書くのは人生最初で最後だろう。
          ・小学校入学の支度ができるまで成長したなんて幸せなことだ。

          ・・・いいね!

          数々のお名前付けの中でもこの算数セットのお名前付けが山場である。
          500は超えるであろう細かい細かいパーツのひとつひとつに名前をつける。
          みんなやってることとはいえ、できれば楽がしたい。

          なので、楽天やアマゾンを探すとその手のグッズが山のように出てくる。
          お名前はんこ、お名前シール、アイロンプリントからネームタグまで。
          それほど大掛かりにしなくてもいいけどできればもうちょっと楽になると
          いいなーと思って探したら、やっぱりあった。


          これで3ミリ幅のネームシールが作れる。
          助かった。。。

          こういう便利なものがない時代、自分の親もこうやって夜なべして
          ひとつひとつに名前をつけてくれていたのだなぁ。
          いつの間にか名前がついていることに、あのときは何の疑問も持たなかったけれど、
          今ならわかる、書いてくれたから名前がついていたのだと。

          アウェイ

          0
            転居から3ヶ月、幼稚園に通うため実家と新居を行ったり来たりの生活を続けているが、それも残り一月半となった。
            親的には卒園が待ち遠しいが、
            子供には「友達作り」という新しい壁が立ちはだかる。
            人見知りせず、立ち回りも上手い方だと思うが、それでも新居近くの公園で所在なさげにポツンとしている姿をみると、
            彼女にとって最初の「世間の風」に当たっている最中なのだなぁと思う。

            集団の中でこそ孤独が際立つ、ということを今肌で感じているに違いない。

            「どうする?もう帰ろうか?」
            と誘うが、一緒に遊べる子供を見つけるまで絶対に帰らない娘。
            ナイスファイト。
            頑張れ娘。

            おみやげ

            0
              夕方、チャイムがピンポーンと鳴り、モニターを見ると
              見覚えのない小学生ふたり。

              外に出てみると、
              低学年らしき男の子の方が
              「トイレ貸して下さい」という。

              ホントはやだけど仕方ないので「どうぞ」と
              家に入れてあげる。
              お姉ちゃんだという女の子は外で待っているという。

              置いていくよう促したものの、なぜか
              体操袋も持ったまま、ランドセルも背負ったまま
              狭いトイレにぎゅむっと入っていった。

              しばらくして出てくると、靴を履きながら
              「○○(姉の名前)も入って行ったら」と
              2回くらいすすめる。

              おいおい公衆トイレじゃないんだぞと
              ムっとした私の顔が見えたのか、
              姉の方は「いいから早くしなよ」と苛立っている。

              あまり愛想もない様子でボソボソと
              「ありがとーございましたー」と帰っていった。

              股間を押さえながら足をジタバタさせろとまでは言わないが
              もうちょっと困った感じを出して頼んだら
              こっちも快く貸してやるのになーと思いながらドアを閉めた。

              ほんとに切羽詰まってるのかどうなのか、
              全然伝わらなかったので、貸してやる動機も弱くなるし
              貸した後の満足感も低い。

              これからはプレゼン力をつける教育が小学生から必要だよなー。

              そんなことを考えながら、一応確認しておこうとトイレを開けた。

              すると


              用を足すとき置き場所に困ったのか、ペーパーホルダーの上にセミの抜け殻が。

              あーもう、ほんとに貸すんじゃなかった!
              小学生男子って世界で一番しょーもな!

              あはれことしのなつもいぬめり

              0
                夏が終わるとほっとします。

                この陽気で浮ついた雰囲気にどうしても馴染めなくて。

                「さあ小市民どもよ、遊びに出かけるのだ」
                と言っているかのような
                強い日差しと真っ青な空も。

                子供が生まれる前から、
                いやよく考えたらもっと前、
                自分が子供だった頃から苦手だったような
                気がします。

                ですが、子供できてからは「出かけたくない」
                では済まされないのが親。

                成長するにつれて世間と付き合いが広がった
                子供のお供をするのは
                年々キツくなっています。

                特に「単独では出かけられない幼稚園生〜小学校低学年」
                の今が、一番厳しい時期かも。

                朝「いってきまーす」と出かけて
                夕方まで帰ってこないようになるまで、
                あと3,4年かな。


                「あー忙しかった!」
                というのが今年の夏の感想。

                「ママね、ほんとは夏ってあんまり好きじゃないんだけど
                娘ちゃんが生まれてから、夏がだんだん楽しくなってきたよ」

                と言うと、「娘ちゃんのおかげだね!」とニッコリされました。

                江角さん

                0
                  ぐるナイのゴチバトルが大好きな娘。
                  なぜなら江角マキコさんが大好きだから。
                  そしてなぜ江角さんが好きかというと
                  「しっかりしてるから」
                  だそうだ。

                  ぐるナイを観るたびに
                  「今日も江角さんいるかなー、
                  クビになってないかなー」
                  と心配している。

                  そんなに毎週心配しなくても、
                  クビが決まるのは年度末だけなんだよ。

                  てことは、言わないでおこうと思う。
                  面白いから。

                  新学期

                  0
                    日本中のおかあさんが待ち望んだ、新学期が始まった。
                    春休み中、ママ友の間でもっぱらの関心事だったのは
                    担任の先生が誰になるか、ということ。
                    クラス替えはないが、担任が持ち上がりになるか
                    どうかは新学期までわからなかったのだ。

                    今朝、早速顔を合わせた先生に聞いてみると
                    年長さんは持ち上がりですよ、とのこと。
                    春休み中ずっとかすかにかかっていたもやが
                    一気に晴れた。

                    娘の担任の先生はまだ20代前半の若い先生だが、
                    話しやすいサバサバした性格と
                    信頼のおける仕事内容で保護者からは絶大な人気がある。

                    うちの娘はよく言えば優等生タイプで、問題も起こさないし
                    言われたことはきちんと守る、他の子の世話まで
                    買って出るクラスの「お姉さん」的存在なのだそうだ。

                    年少さんのときの担任の先生は
                    「娘ちゃんは何の問題もありませんよ」
                    と、保護者面談を1分で終わらせた。

                    ところが今の担任の先生は、
                    「娘ちゃんにはもっと子供らしくしてほしいと思います。」
                    と一刀両断。
                    なんでもソツなくこなし、先生の言うことをよく聞く反面、
                    強烈に自分を主張することなく、周りに合わせようとする
                    のが気になると言う。

                    「大人の顔色を伺って、一生懸命いい子を演じようと
                    しているところがあると思います。」
                    自分でもなんとなく感じていたことをズバっと言われて
                    問題の大きさに気づいた。
                    たしかに大人に合わせよう、大人の望むような
                    コになろう、と空気を読む子供なのだ。
                    ちょっと悪いことをしたときも、一緒に叱られる
                    仲間がいないため、大人が一斉に娘ひとりを
                    攻撃するので、そのプレッシャーは強烈だろう。

                    そういうことを分かってはいても、日常の中で、
                    「手のかからないいい子だなー」と流してしまいがちだった。
                    それを改めて指摘してくださった先生にとても感謝している。

                    今年度も安心して幼稚園に送り出せそうだ。

                    茹だってます

                    0
                      娘がインフルエンザ(A型)に感染した。
                      熱は今のところ39度、今夜遅くには40度近くまで
                      上がるだろう。

                      学級閉鎖するほどのインフルの猛威の中で
                      娘だけが無事でいられるはずもなく、
                      やはりというかお前もかというか。

                      そういえば私が子供の頃は「インフルエンザです」
                      という診断を受けたことがなかったような。
                      20年以上前に描かれた「動物のお医者さん」
                      という漫画の中に、ニワトリがインフルエンザか
                      どうか調べる場面で
                      「1週間くらいかかるわよ」というセリフがあった。
                      たぶん昔は判定するのに時間がかかったので、
                      いちいち調べなかった。。。ということだろう。

                      (と思ったら知恵袋の中にこういう質問があった)

                      早めの服用が効果的とのことで、発熱し始めた
                      今日からタミフルを飲んでいる。
                      話題になった幻覚症状との関連性があるのかないのか
                      わからないが、

                      高熱に比べたら幻覚症状くらい屁でもない。

                      というのが子供を持ってからの実感だ。

                      タミフルなんか飲まずとも、子供は高熱を出すと

                      それよりも、脳症の方が断然怖い。
                      子供の高熱はハンパない。
                      触るとカンカンに熱したヤカンのようだ。
                      この熱で脳みそが茹だっていると思うと、鳥肌モノだ。

                      ウイルスを分解する力が弱まるので、やたらに解熱剤を
                      飲ませることはないけれども、
                      頭はヒエピタとアイスノンで両面から冷やし、
                      本人が嫌がらなければ脇の下と太ももも保冷剤で冷やす。

                      それにしても、うちの娘は高熱を出すと
                      やたらに声がでかくなる。
                      受け答えも、不自然なほどハキハキする。
                      知らない人が見たら、ただの元気な子供だ。
                      これも高熱で脳みそが茹だった影響なんだろうか。

                      ぶらっくさんだーやさん

                      0

                        ブラックサンダーのこういう写真載せるの2回目だな。。。

                        ある日夫が、
                        「ほぼ毎朝、会社に行く前にコーヒーとブラックサンダーをファミマで買っている」という話をしました。
                        コーヒーのおともに軽くつまむのに、ブラックサンダーの味と量がちょうどいいんだとか。

                        「ちょっと待て!コンビニでブラックサンダー買ってるのか?!」

                        と色めき立つ私。
                        なぜなら近所の安売り店で買えば1個25円。
                        コンビニだと31円。
                        1個6円も違うのですよ。

                        ここまで読んで大半の方が今後の展開に興味を失ったことと思いますが、さあ本題はここからです。

                        当然の流れとして、私はブラックサンダーを大量買いしてきました。
                        これをどうするか。

                        娘を呼びつけ、こう語ります。

                        「今日からお前はブラックサンダー屋さんになるのだ。
                        毎朝これをパパに30円で売るのだ。
                        ただし仕入れはママだから、1個売るごとにママに25円を返すのだ。
                        残りの5円がお前の儲けになる。

                        娘よ、これが商売というものだ。」

                        パパが食べたくなるように上手に売り込みをするとか、
                        (ぼーっとテレビを見ているときなどが鉄板)
                        素敵な看板を作るとか、商品の並べ方を工夫するとか、
                        とにかく売上が増えるよう頭を使え、とも教えました。

                        節約と娘の教育をダブルで実践できるなかなかの技ではありませんか。
                        家の前でレモネードを売らせるよりも現実的でございましょう。



                        | 1/5PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        categories

                        archives

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM